1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

茶で使用される植物

2022.02.17

投稿者
クミタス

ブレンド茶などでは様々な植物が使用されます。黒豆茶もありますが、ナタマメなどマメ科植物は茶に使用されることがあります。

・黒文字(クロモジ):クスノキ科クロモジ属
和菓子に添えられる樹皮の付いた楊枝としても知られていますが、クロモジ茶、またブレンド茶で原料の1つとなっていることがあります。
・はぶ草(ハブソウ):マメ科
・浜茶(カワラケツメイ):マメ科
カワラケツメイの葉や果実は茶として飲用されることがあり、ネムチャ(ネム茶)、ノマメ(野豆)、コウボウチャ(弘法茶)、マメチャ(豆茶)、カワラマメ(河原豆)、ハマチャ(浜茶)など表記されることがあります。マメ科植物になります。
・枸杞葉(クコヨウ):ナス科
クコの葉のことになります。
・桑葉(クワの葉):クワ科
・月見草(ツキミソウ):アカバナ科マツヨイグサ属
アカバナ科マツヨイグサ属に属する植物にマツヨイグサ、コマツヨイグサ、アレチマツヨイグサ、オオマツヨイグサなどがあります。ブレンド茶などで使用されていることがあります。
・アマチャヅル:ウリ科
・クマ笹:タケ科

お茶とアレルギーについては以下でも掲載しています。宜しければご参照ください。
茶によるアレルギーの可能性
https://www.kumitasu.com/contents/hyoji/4301
カモミールによるアレルギー
https://www.kumitasu.com/contents/hyoji/3284

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}